読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Calcio café

サッカー及びフットサルについて思ったことを書きます。

バルセロナの矜持

f:id:usuk1205:20170419111811j:image

ユベントスバルセロナによるCL ラウンド8.2nd legがいよいよ明日早朝に迫って来た。

そこでどのような試合展開になるのか、直前予想をしたいと思う。

 f:id:usuk1205:20170419163748j:image

詳細は前の記事をご覧頂きたいが、1st legはユベントスによる3-0の完勝に終わった。バルセロナの根本的な問題はフォーメーション図の後ろ半分にあったのだが、そこが改善されるか否かで流れは変わってくる。

 

その点に関して、まずブスケッツの復帰は好要素であろう。更にイニエスタが16日のソシエダ戦で後半の後半にしか出場していない為、このコンビネーションには期待できる。

 

f:id:usuk1205:20170419104004j:image

これがその16日のフォーメーションである。

 ユベントス戦と特に異なるのは4バックであること(とはいえユベントス戦でも3+1バックである時間帯もあった)、ネイマールイニエスタが出場していないこと、また左SBがアルバに戻ったことである。

4バックか3バックか

基本を4バックにするか3バックにするか。これは今のバルサにおける最大の問題だと思う。

4バックにするメリットは後ろでブスケッツを含んだボール保持が可能になることだ。これができるようになればMSNの両端が中盤の深い位置まで下がらざるを得ず、スアレスが孤立することもなくなる。しかしこれをする上での問題もある。今のバルサにはプジョルが居ないのだ。単純に言えば人員不足である。マスケラーノでもユベントスの前線を防ぎ切ることは難しい。

3バックにするとどうなるか。ブスケッツが居る分、1st legよりはマシにはなろうが、パスが回りにくい。後ろが2人、前が1人の安定したトライアングルを作れないのだ。守備は4バックに比較すると少しは安定するがユベントス相手には3も4もあまり変わらないだろう。

しかしユベントスは恐らく前線からプレスを仕掛けてくる。それもブスケッツを完璧に抑えた上でである。3バックではその時にボールを回しにくくなる。

よって僕は4バックを推奨する。ユムティティには頑張って貰うしかない。

1点で終わらせられるユベントス、3点必要なバルセロナ

ユベントスは守備を固めつつ中盤と最終ラインの間でボールを奪い、1点を取ってしまうのが最終目標となろう。アウェーゴールを1つ取ってしまえばバルサは勝ち抜けに5点必要になる。MSNと言えどユベントスから5点は奪えない。1点を取ればユベントスは野となれ山となれである。

対してバルセロナは大前提として失点ができない。その上で最低3点取らねばならない。攻守共に完璧な試合運びが求められる。

楽観的なバルサファンには会場がカンプノウだということとPSG戦の大逆転劇を根拠に1点とられようが勝てると申す方もいらっしゃるかもしれない。

断言しよう。失点をした瞬間にバルサの敗北は確定する。アッレグリはエメリではない。常に牙を剥いている。奇跡は二度は起きない。

起きたならそれは奇跡でなく、カンプノウの「必然」ということになろう。

勝つのは、、

最後に。筆者はユベンティーノである。しかし折角の好カードであるので互角の戦いを見てみたい。ユベントスの圧勝とならぬよう、バルサに頑張って欲しい。

 

だがしかし。最後に勝つのはビアンコネリである。